粉瘤・アテローム粉瘤・アテローム
背景背景

粉瘤(ふんりゅう)
アテローム

ほくろいぼのように、最もよくある皮膚のできものです。

よく「脂肪のかたまり」と言われることの多い粉瘤ですが、実際は脂肪でできているわけではありません。本当の脂肪のできものは脂肪腫(しぼうしゅ)と言い、粉瘤とは別のできものです。
実際の粉瘤は、毛穴の入り口(毛包漏斗部)の表皮が増殖して大きな袋状になり、その袋(嚢腫)の内部に角質が充満しているできものです。

粉瘤の特徴

  • よく見ると、できものの中央に毛穴の黒っぽい点( いわゆる「へそ」)が見えます(見つけにくいこともあります)。
  • 圧迫して中身を押し出すとくさい臭いのする白い内容物が出てくることがあります。(ただし、粉瘤かどうか確かめようとして無理に圧迫しないでください。)
  • 感染を起こすと、炎症により赤く腫れ、痛みが出ることがあります。
ほくろ

粉瘤とよく似た皮膚のできもの

脂肪腫の他に、石灰化上皮腫(毛母腫(もうぼしゅ))、外毛根鞘嚢腫(がいもうこんしょうのうしゅ)、脂腺嚢腫(しせんのうしゅ)、皮様嚢腫(ひようのうしゅ)、皮膚混合腫瘍、平滑筋腫、転移性皮膚腫瘍などがあります。
粉瘤は良性ですが、できものですので時間とともにゆっくりと大きくなります。放置すると感染を起こし、赤く腫れ、痛みが出ることがあります。

当院の治療方針

当院では皮膚科としてはまだまだ普及していない最新型の超音波機器をいち早く診療に取り入れています。痛みがなく簡単に検査が可能です。
皮膚の上にゼリーを塗り、プローブ(端子)を当て、できもの内部の状態を観察します。超音波検査を行うと、粉瘤であればその特徴がはっきりとわかります。粉瘤の特徴的な所見ではない場合、その他のできものを疑う手がかりになります。
また、粉瘤の形・大きさ・深さなどの状態や、できものの周囲の血流の状況などを詳しく観察することができるため、手術をする際の参考になり、安全に手術行うことが可能です。

当院では、超音波検査を行い、粉瘤の状態を確認後に摘出を行います。

抗菌薬内服、切開排膿

通常、粉瘤は痛くありませんが、放置すると感染を起こし、赤く腫れ、痛みを生じる場合があります。その際には抗菌薬を内服していただきます。
さらに、粉瘤がブヨブヨとして今にも破れそうな場合は、ご自宅で破裂して膿が出ると大変ですので、当院で局所麻酔後に切開を行い膿を排出します(切開排膿)。その際、なるべく再発を起こさないように可能な限り内容物を掻き出します。
切開後は、切開した傷が閉じるまで、塗り薬による処置を行い、定期的に通院していただきます。傷が閉じた後はしこり(硬結)が残りますので、ご希望により、そのしこりを後日切除させていただくことも可能です。

いっかく皮膚科クリニック
いっかく皮膚科クリニックは、姫路市広畑区にある皮膚科医院です。皮膚科の診療とともに、皮膚腫瘍の手術、シミ・ほくろ・イボ治療、医療レーザー脱毛などの美容皮膚科診療を行います。

このホームページは当クリニックを受診される方が、参考のためにご覧いただくページです。医学は日々進歩しており、記載している内容が最新でない可能性もあります。同じ病名や症状でも、治療方法はお一人お一人異なりますので、自己判断されず必ず医師にご相談ください。
当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ドクターブログドクターブログ
美容ブログ美容ブログ
クリニック紹介はこちら

【アクセス】
〒671-1156 姫路市広畑区小坂96-1

■お車ご来院の方
イオン姫路大津店から東へ直進750M
駐車場25台完備
■電車ご来院の方
JRはりま勝原駅(新快速も停車)から徒歩6分

地図

求人募集情報

スタッフ募集スタッフ募集
医師募集医師募集

順番ネット予約