じんま疹じんま疹
背景背景

じんま疹(蕁麻疹)

じんま疹は、5人に1人が経験する、日常でよくある病気です。
じんま疹はアレルギーで生じると思われがちですが、食べ物や薬などのアレルギーが原因のじんま疹はわずか5%程度にすぎないといわれます。70~80%のほとんどが原因不明(特発性)のじんま疹です。

それ以外にも物理刺激などでじんま疹が生じます。じんま疹と一緒に、呼吸苦、腹痛、気分不良があると、アレルギー性の可能性がより高いといわれます。
じんま疹と湿疹はちがいます。
じんま疹の発疹は膨疹(ぼうしん)といい、「24時間以内に消える(出たり引いたりする)」あるいは「短時間に形が変わる」ことが特徴で、湿疹は短時間に出たり引いたりしません。

よくある誤解

  1. かゆみのある皮疹を「じんま疹」と表現する人が多いです。
  2. じんま疹の原因はすべてアレルギーと考えている人が多いです。
じんま疹(蕁麻疹)

特発性じんま疹(原因不明のじんま疹)

じんま疹の70~80%を占める特発性じんま疹は、大きく2つに分かれます。

急性じんま疹

発症から6週間以内のじんま疹です。かぜなど急性の感染症などがきっかけの場合もあります。

慢性じんま疹

6週間以上くり返すじんま疹です。
原因がわかっているじんま疹であれば、その原因を避けることが治療になりますが、特発性じんま疹は原因が不明なので、原因を避けることができません。体調を整え、ストレスをためず、しっかりと定期的に皮膚科を受診し、主治医と相談しながら内服薬を調整していくことが大切です。
ただし、当初は原因がわからなくても、くり返すうちに原因が明らかになる場合もあります。

当院の治療方針

  • くわしく問診の上、特発性(一番多い原因不明のじんま疹)かどうか、アレルギー性や物理性など原因のあるじんま疹かどうかを判断します。
  • アレルギー性や物理性など何らかの原因が疑われる場合には、原因を調べるのための各種検査を検討します。
  • 治療は抗ヒスタミン薬の内服をまず行います。現在20種類くらいありますが、眠気や鎮静作用の少ない抗ヒスタミン薬を処方します。
お薬
  • それでも治りにくい場合には、抗ヒスタミン薬の増量、薬剤の変更、補助的治療薬(H2受容体拮抗薬、ロイコトリエン受容体拮抗薬、漢方薬など)の併用を行います。それでもじんま疹が抑えられずに生活もできないほど症状が激しい場合は、シクロスポリンの内服薬など、免疫学的な治療法が有効なこともあります。
  • 抗ヒスタミン薬の中止時期については、急性じんま疹(発症から6週間以内のじんま疹)の場合は、じんま疹がおさまってから数日~1週間程度で内服を中止します。一方、慢性じんま疹(6週間以上くり返すじんま疹)の場合は、じんま疹がおさまってから1~2ヶ月は内服を続けていただき、それから減量してく、という方針になります。
  • 内服薬を調整しても治療が困難な慢性じんま疹では、オマリズマブ(ゾレア)という注射薬を使用する場合もあります。4週間おきに皮下注射します。くわしくは医師にご相談ください。
    ゾレア(特発性慢性じんま疹に対する皮下注射薬)の作用や費用などについての説明はこちらをご覧ください。
    【ゾレアによる治療を受ける患者さんとそのご家族の方へ>>】
  • 慢性じんま疹では、治療が何年にもわたることがあります。定期的に受診していただき、その都度、薬の調整を含めた治療方針についてご相談させていただきます。
  • 大切なことは、じんま疹が出なくなっても、ご自身の判断で内服薬を中止しないことです。

以上のことを治療方針の基本として、責任を持って診療に当たります。症状改善にむけて一緒に頑張りましょう!

頑張りましょう

記録のお願い

じんま疹は出たり引いたりすることが特徴ですので、来院された時には引いてしまっていることも多くあります
患者さんのお話をお伺いし、出ていた皮疹がじんま疹であることを推測することもできますが、もし可能であれば携帯電話やスマートフォン、デジカメなどで皮疹の写真を撮ってきていただけると、じんま疹かどうかの診断に大変役に立ちますのでよろしくお願いいたします。

食物アレルギーと
じんま疹

じんま疹のうち、原因が明らかでない「特発性じんま疹」が全体の約70~80%を占めます。一方、食物などが原因となるアレルギー性のじんま疹は5%程度にすぎません。小児の場合、食物アレルギーが原因のじんま疹の頻度はやや高くなり、10歳代で10%程度といわれます。
反対に食物アレルギーの症状としては、90%程度にじんま疹をはじめとする皮膚症状が出現するため、じんま疹=食物アレルギーと考えられているのかもしれません。
つまり、食物アレルギーの場合はじんま疹などの皮膚症状が出ることがほとんどですが、じんま疹が出現した場合にその原因が食物アレルギーであるという可能性はかなり低いのが現状です。

食物アレルギーについて詳細はこちら
食物アレルギーとじんま疹

思いもよらない
原因のことも

以上のようにじんま疹は原因不明の場合が多いことは、ご理解いただけると思いますが、医師としては本当に原因不明のじんま疹かどうかを見極めなくてはいけません。
中には、運動した後にだけ出る、サーファーである、血液型がA型かO型で犬を飼っている、などがキーワードのめずらしいじんま疹もあります。
くわしくは医師にお尋ねください。

その他のじんま疹

その他の代表的なじんま疹についての説明です。

機械性じんま疹

皮膚表面が機械的に摩擦や擦過された部分にじんま疹が生じます。服や物が擦れやすい前腕に線状のじんま疹が生じることが多いです。特発性に次いで多いじんま疹です。

寒冷じんま疹

冷たい水や、冷たい空気など、寒冷刺激により出現するじんま疹です。アイスキューブ試験で検査します。

日光じんま疹

日光が当たった皮膚に一致してじんま疹が出ます。日光の中の可視光線が原因のことがほとんどですが、紫外線が関係している場合もあります。日焼け止めは紫外線をブロックするものなので、基本的には効果がありません。

コリン性じんま疹

10~20歳代に多く、入浴、運動、精神的興奮など体温上昇の際に出やすい点状のじんま疹です。ピリピリとした症状と伴うこともあります。汗に対する過敏がある場合とない場合があります。

接触じんま疹

原因のものが接触した部分だけに出るじんま疹です。ラテックス、薬剤(イソジンの消毒薬など)、毛染め、歯みがき粉、日用品などが原因になります。

アスピリンじんま疹(NSAIDs(エヌセイズ)不耐症)

アスピリンなどの非ステロイド系消炎鎮痛薬(NSAIDs:ロキソニンやボルタレンなどの痛み止め、解熱薬)でじんま疹が出ます。
お薬で起こりますが、アレルギーではありません(不耐症といいます)。アスピリンじんま疹とアスピリン喘息を合わせて、アスピリン(NSAIDs)不耐症といいます。痛み止めを飲むとじんま疹がでる方は、お薬のアレルギーでじんま疹が出ている可能性と、アスピリンじんま疹(不耐症)の可能性が考えられます。

アスピリンじんま疹

食物依存性運動誘発アナフィラキシー(FDEIA)

小麦(パン・麺類など)やエビ、イカ、カニ、果物(ブドウなど)を摂取後2~3時間以内に運動した時にだけ出ます。運動による消化管での消化能力低下が関与しています。じんま疹に加えて高率に気道症状、腹部症状、ショック症状を示します。10歳代に多く出ます。解熱鎮痛剤を内服すると、より症状が出やすくなります。

ヒスタミンによる非アレルギー性のじんま疹

造影剤や、室温で放置したサバやマグロ、タケノコ、豚肉などのヒスタミンあるいはその類似物質を含む食品で誘発されます。室温に放置するとヒスチジンからヒスタミンが生成されるためです。

かなりまれなじんま疹

その他にも温熱じんま疹、遅発性圧じんま疹、水じんま疹、振動じんま疹というまれな物理性じんま疹、アドレナリンじんま疹もあります。

血管性浮腫

通常のじんま疹より、皮膚の深いところで起こったじんま疹で、まぶたや口びるによく出ます。遺伝性の場合もありますがごくまれで、ほとんどは遺伝性ではありません。通常のじんま疹と同じように、特発性(原因不明)がほとんどですが、降圧薬や糖尿病の内服薬などが原因となる薬剤性の場合もあります。

いっかく皮膚科クリニック
いっかく皮膚科クリニックは、姫路市広畑区にある皮膚科医院です。皮膚科の診療とともに、皮膚腫瘍の手術、シミ・ほくろ・イボ治療、医療レーザー脱毛などの美容皮膚科診療を行います。

このホームページは当クリニックを受診される方が、参考のためにご覧いただくページです。医学は日々進歩しており、記載している内容が最新でない可能性もあります。同じ病名や症状でも、治療方法はお一人お一人異なりますので、自己判断されず必ず医師にご相談ください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ドクターブログドクターブログ
美容ブログ美容ブログ
クリニック紹介はこちら

【アクセス】
〒671-1156 姫路市広畑区小坂96-1

■お車ご来院の方
イオン姫路大津店から東へ直進750M
駐車場25台完備
■電車ご来院の方
JRはりま勝原駅(新快速も停車)から徒歩6分

地図

求人募集情報

順番ネット予約