とびひとびひ
背景背景

とびひ:伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)

夏に小児によく発症し、多くは黄色ブドウ球菌という菌が原因です。黄色ブドウ球菌の毒素により、皮膚に水ぶくれができたり、水ぶくれが破れると皮膚がめくれたような状態(びらん)になります。

伝染力が強いので、掻くと「飛び火」のように広がっていくのが特徴です。

いぼ

当院の治療方針

黄色ブドウ球菌に対する抗菌薬を内服していただきます。ただし、通常の抗菌薬が効かないタイプの黄色ブドウ球菌が原因のことがありますので、なるべく治療開始3~4日後に再診していただくようにお願いします。

ぬり薬については、抗菌作用のある薬と、湿疹がある場合はステロイドのぬり薬をあわせて使います。かゆみがある場合は、掻くことにより症状が悪化しますので、かゆみ止めの薬も内服していただきます。
アトピー性皮膚炎があるお子さんに発症しやすいため、アトピー性皮膚炎をしっかり治療し、良いお肌の状態をキープすることが大切です。

生活指導について

  • 爪を切りましょう。
  • 患部の消毒は必要ありません。
  • お風呂にきちんと入りましょう。湯ぶねに入らず、シャワ-がよいでしょう。患部は石けんを泡立てて洗いましょう。ごしごしこする必要はなく、表面の汚れをやさしく落とすようにします。その後石けんが残らないようシャワーで十分に流します。兄弟姉妹がおられれば、患児を最後に入浴させましょう。患児と一緒に入浴した大人がとびひになることはないといわれます。
  • 症状が広範囲で重症な場合を除き、学校を休む必要はありません。ほかのお友達にうつす可能性があるため、病変部をガ-ゼや包帯できちんと覆いましょう。
  • プールについて:プールの水を介して他の人にうつしませんが、患部に触れることで症状を悪化させたり、他の人にうつす恐れがあるので、プールや水泳はすっかり治るまでひかえましょう。
生活指導について
いっかく皮膚科クリニック
いっかく皮膚科クリニックは、姫路市広畑区にある皮膚科医院です。皮膚科の診療とともに、皮膚腫瘍の手術、シミ・ほくろ・イボ治療、医療レーザー脱毛などの美容皮膚科診療を行います。

このホームページは当クリニックを受診される方が、参考のためにご覧いただくページです。医学は日々進歩しており、記載している内容が最新でない可能性もあります。同じ病名や症状でも、治療方法はお一人お一人異なりますので、自己判断されず必ず医師にご相談ください。
※当サイトの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を固く禁じます。

ドクターブログドクターブログ
美容ブログ美容ブログ
クリニック紹介はこちら

【アクセス】
〒671-1156 姫路市広畑区小坂96-1

■お車ご来院の方
イオン姫路大津店から東へ直進750M
駐車場25台完備
■電車ご来院の方
JRはりま勝原駅(新快速も停車)から徒歩6分

地図

求人募集情報

順番ネット予約