姫路市の皮膚科 いっかく皮膚科クリニック/医療レーザー脱毛も対応 たつの市 太子町からもすぐ/皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、小児皮膚科、皮膚外科

 

診療ご予約

 

 

美容皮膚科トップページへ

トップページへ


帯状疱疹はワクチンで予防する時代です

 

アレルゲン免疫療法


いっかく皮膚科クリニック
〒671-1156 姫路市広畑区小坂96-1
TEL079-239-7716
皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、小児皮膚科、皮膚外科

スタッフ採用情報
リクルート登録募集中

帯状疱疹の予防接種

帯状疱疹の予防接種をご希望の方は、できればお電話でご予約をお願い致します。
TEL:079-239-7716

帯状疱疹は、ワクチンで予防する時代です。

50歳になれば、できるだけ早くワクチンを接種しましょう。


2016年4月、50歳以上の方の帯状疱疹予防に、水痘ワクチンが適応拡大されました。
水痘帯状疱疹ウイルス(VZV)に初めて感染すると水痘(水ぼうそう)を発症しますが、名前の通り帯状疱疹のウイルスでもあります。
帯状疱疹は、加齢にともない増加し、特に50歳を越えると急激に発症する人が増えます。50歳以上の帯状疱疹の発症率は年々高くなっており、80歳までに3人に1人がかかります。
帯状疱疹を発症すると、神経痛により痛みが長引く場合があり、特に高齢の方では、重篤な合併症や帯状疱疹後神経痛(PHN)をきたす可能性が高いといわれます。治療が遅れたり、重症の場合には、皮膚に潰瘍が生じて痕が残る、顔面神経麻痺・失明、排泄障害など重篤な後遺症が残ることがあります。脳炎で死亡する人も、高齢者を中心に年間15人程度います。
帯状疱疹にかかった人の30%では、帯状疱疹が回復した後にも神経痛が残ります。これは、ウイルスによって神経組織が壊れてしまうことが原因といわれます。この痛みは、1年以上続く人が約30%、中には7〜8年も痛みに悩まされる人もいます。平均的には5年以内には痛みは和らぐといわれています。


ワクチンを接種することで、帯状疱疹の発症予防、重症化の予防、神経痛の長期化の予防、という効果があることが判明しています。ある研究では、帯状疱疹の発症が51.3%減少し、帯状疱疹後神経痛の発症も66.5%減少したと報告されています。

 

今後高齢化がさらに進むことが予測されている我が国では、高齢者では帯状疱疹の発症に加え、帯状疱疹後神経痛の発症リスクも高くなることを考慮すると、帯状疱疹発症や重症化予防に有用な選択肢として、ワクチンの接種をおすすめします。


50歳以上:7,000円

 

 

姫路市の皮膚科 いっかく皮膚科クリニック/ たつの市 太子町からもすぐ/皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、小児皮膚科、皮膚外科

 


いっかく皮膚科クリニック/ たつの市 太子町からもすぐ/皮膚科、アレルギー科、美容皮膚科、小児皮膚科、皮膚外科


* 診療メニュー *